マイペース・マイライフ

マイペース・マイライフ

日々の出来事をマイペースに綴ります

ビー・シェイプ&キーリールこそ最強の静電気対策

この季節になると、いつも憂鬱になります。
理由はそう、静電気!!

私はどうやらかなりの帯電体質のようで、油断するとすぐに「バチッ!」という衝撃に襲われ、これからの季節の悩みのタネとなっております。

というわけで、いろいろなグッズを試してきた中で、結局のところこれが一番最強なんじゃないかという組み合わせがこの「ビー・シェイプ」と「キーリール」との組み合わせ。 

ぺんてる 静電気除去グッズ ビーシェイプ ホワイトパール EASB3-9 パール&ブルー

ぺんてる 静電気除去グッズ ビーシェイプ ホワイトパール EASB3-9 パール&ブルー

 

キーリールは百均とかでも売ってるもので十分だと思います。
強度が心配な方はちゃんとしたのを買ったほうがいいかもしれません。

ちなみに、日常使いをする中ではこれが一番最高だと思います。

除去リングは何かと不便

一番初めの静電気対策は腕につけるいわゆるリング型のやつでした。

アクセサリー感覚で付けられるという点では楽なのですが、正直目に見えて効果が感じられないんです。

そしてそれ以上に、困るのが仕事中。
私は基本スーツで仕事しているので、こういうものを付けてると変な目で見られるんですよ…。
そう思われるだけなら別にいいんですけど、頭のお硬い人とかだと、お洒落感覚で付けてると思われたりするので「何カッコ付けてるんだ」的な目で見られて、何もしてないのに評価が下がったりとか、ホントにあったんですよね。

そういう意味でも使い辛かったわけです。

逆に分かりやすい

正直目立ち方で言ったらこちらのほうが圧倒的に目立ちます。
でも、少なくともお洒落してるとは思われないので、興味本位で聞いてくる人くらいしかいないですし、そういう人は「へぇ〜、こんなのあるんだ〜」ってな感じで、そこから会話が始まったりとか、寧ろ話の種になってくれたりしてます。


ちなみに、普段はこんな感じで腰に付けてます。


使うときはこうやって、グイーンと伸ばします。

構造上実際に対象に触れなければならず、サッと取り出してすぐに使えなければ煩わしいだけですからね。

ふとした時にバチっとくる怖さに比べたらこれくらいの手間なんて軽いものです。

見つけたらとりあえず買うべし

これだけ、素晴らしいと思う商品なのですが、問題はもう売ってないこと
上記のAmazonのページを見てもお分かりの通り、現在は品薄状態で軽くプレミア付いてしまっております。

かくいう自分も去年まで使っていたものを壊してしまい、どこかにないかと探していたところ、運良く手に入れることができたくらいです。
これだけ人気があるのだから売ればいいのに…。

あとは、似たような商品を探すとかですかね。

カーメイト 車用 キーケース レジッテックミニ シルバー 静電気除去機能 NZ974

カーメイト 車用 キーケース レジッテックミニ シルバー 静電気除去機能 NZ974

 

使ったことがないので効果は分かりませんが、少なくとも除去リングとかよりかは効果はあると思います。

静電気にはご注意を

私は特に静電気に過敏ですが、実際起こっていいことなんで殆ど無いです。
精密機械とかであればそれだけで機械がダメになることだってあるし、火災の原因にもなるくらいですからね。

あと痛いですし…。

皆様も静電気には十分にお気を付けください。

Bobby Bizzを使い始めて3ヶ月経過したので、改めてレビュー

昨年末に購入しました「Bobby Bizz
年明けから仕事が始まりまして、通勤用カバンとして使用し始めてから、早いもので3ヶ月が経とうとしています。

購入当初にもレビューをしましたが、まだ使用していない状態での感想だったので、今回は実際に使用してみてどう感じたのか、書いてみたいと思います。

続きを読む

無印良品福袋2018「婦人(アウター入り)」が届いたので開封します(※嫁のです)



新年あけましておめでとうございます!!

年明け早々仕事が繁忙期になるため、どのくらいの頻度でブログを書けるか全く読めませんが…まぁマイペースにやっていこうと思います。

続きを読む

【レビュー】新しいビジネスバッグとしてBobby Bizzを購入しました

f:id:kokuten9696:20171230184611j:plain

今まで使っていた仕事カバンがだいぶヘタってきたので、新しいビジネスバッグを探していたところ、とても興味をそそるものを見つけました。

それがこの「Bobby Bizz」です。

年末セールで安く販売しているサイトを見つけたので、思わずポチってしまいました。
まだ、レビューも少ないですし、色々と書いてみたいと思います。

続きを読む